Home » はじめての現金化 » クレジットカードの現金化するときの注意点
はじめてのクレカで現金化
はじめてのクレカで現金化

クレジットカードの現金化するときの注意点

はじめての現金化 | 02月21日更新

クレジットカードの現金化はあくまでも繋ぎとして利用する人が多いです。
業者に依頼をした方が自分で行うよりもメリットがあるのですが、注意点を抑えないと危険性が高くなるので気を付けましょう。
そこで、クレジットカードの現金化するときの注意点を見ていきましょう。

・現金化は換金率によりすべての現金が手に入るわけではない!
注意点としては手数料の差し引きと悪徳業者を見極める必要があるということです。
業者に依頼をするということは当然タダで現金化をしてもらえるわけがなく、手数料としてお金を支払わなければなりません。
手数料は業者によって異なり、大体換金率の30%に設定されています。
このため10万円の換金が出来たとしても、30%が引かれ7万円の現金しか手に入れられません。
しかし、自分で現金化をするよりはたくさんの現金を手に入れられるため、業者を利用するという人が多いのは事実で、その中には悪徳な業者に引っかかり酷い目にあってしまう人も少なくありません。

・悪徳業者に引っかからないように注意するには?
現金化の業者には悪徳業者も身を潜めていて、現金化をする人をターゲットとしてクレジットカードの情報や個人情報を入手しようと考える人もいます。
悪徳業者はそのクレジットカードの情報を悪用し、入金をしてくれないというケースも増えています。
こういった悪徳業者を見極めるポイントは、業者を探すときに会社の住所がしっかりしているか、代表者の名前が書かれているかなどをチェックしましょう。
特にすぐに現金が必要になって困っているときは判断力が鈍ってしまうこともあるので、こういったときはより業者選びに慎重になり、安心してお願いできる業者に依頼をするようにしましょう。

こういった部分を注意点としておけば、手数料を引いた金額が手に入るということがあらかじめ分かり必要な金額に応じて商品を見極めてもらえるようになり、悪徳業者に引っかかることもなくなるのではないかと考えられます。

top